三重の企業等共同募金協力プログラム

協力プログラムの趣旨

共同募金運動は昭和22年度の「国民たすけあい運動」として始まって以来、赤い羽根募金として地域に定着し、時代に応じて役割を変化させながら民間の地域福祉活動を財政面から広く支援してきました。
近年は少子高齢化、人口減少化、地域の過疎化等社会には様々な地域課題が顕在化しています。共同募金においても募金額減少への対応や共同募金における運動性の再生へ向けて、参加と協働による「新たなたすけあい」の創造に向けた取組みが求められています。
このような中で企業等では社会福祉をはじめ文化芸術、環境等様々な分野において積極的に社会貢献活動に取り組まれていることから、三重県共同募金会は企業等の皆さんにご理解とご協力をいただきながら共同募金運動を進めていきます。

取組み内容

三重の企業等共同募金協力プログラムは、企業等にご協力いただける内容に応じてプログラムを設定しています。

プログラム1:三重の赤い羽根募金百貨店プロジェクト


趣旨

寄付つき商品(サービス)を通じて企業、地域住民、共同募金の3者によるWin―Winの関係づくりを構築します。

内容

●企業等は寄付つき商品(サービス)の販売により募金することで社会貢献します。

●地域住民は新たに負担しないで、通常の消費活動で地域に貢献します。

●共同募金は寄付つき商品(サービス)の募金により地域活動を助成します。

協力形態

三重県共同募金会と協力企業等の覚書締結

寄付活用

市町社会福祉協議会指定の配分事業に活用

リンク

三重の赤い羽根募金百貨店Pページへ

プログラム2:三重の赤い羽根企業等応援団


趣旨

企業等は共同募金運動の応援団として、寄付・募金活動やそれ以外の協力内容から任意に選択して、社会貢献活動します。

内容

●寄付・募金活動プログラム

店頭での募金箱設置 / 募金呼びかけ型のイベント実施 / マッチングギフト / 赤い羽根自動販売機の設置 / 企業の特色をいかした寄付

●寄付金以外の協力プログラム

ポスターの掲示 / モノの提供 / 人材の提供 / 場所、施設等の提供 / 媒体等の提供

協力形態

三重県共同募金会へ企業登録

寄付活用

原則として、所在する市町の募金実績として活用

添付ファイル 

・ 企業等応援団取組みについて

・ 登録申請書はこちら

リンク

企業HPリンク一覧ページへ



プログラム3:三重のスポーツと共同募金連携取組み


趣旨

人々に元気と勇気を与え、また、人と人を結びつけること等スポーツの持つすばらしさと「じぶんのまちを良くするしくみ。」の共同募金が連携して共同募金運動の取組みを進めていきます。

内容

●スポーツチームの共同募金へのサポーター宣言

●スポーツチームと共同募金の協働事業の実施

●スポーツチームの共同募金運動への協力

協力形態

スポーツチームのサポーター宣言

寄付活用

市町社会福祉協議会指定の配分事業又はスポーツチーム指定の配分事業に活用

添付ファイル


・ スポーツと共同募金連携取組み方針

リンク

〉 三重の赤い羽根サポーター宣言チーム一覧ページへ

本プログラムの運用

共同募金会は本プログラムの運用にあたって次の事項に努めます。

信頼関係の構築

信頼関係の構築

企業等と対話や情報交換等を通じて信頼構築に努めます。

積極的な情報発信

積極的な情報発信

企業等のご協力内容はHP、広報紙に掲載する他、報道機関へ資料提供します。

適切な情報提供

適切な情報提供

募金の活用状況は適宜、情報提供に努めます。

DMによる法人募金

概要

共同募金運動は1月から3月までの3月間は期間拡大期として新しい募金方法による運動展開がされています。
三重県共同募金会は企業等が年度末の決算期を迎える中で、税制上の優遇についても考慮いただいて、ダイレクトメールにより法人募金をお願いしています。

寄付金活用

三重県共同募金会は企業等が重点的に取組みを進めている配分事業に活用

令和2年度募金実績
1,315,772
企業数:
93企業

TOP

©2018 社会福祉法人 三重県共同募金会